八ヶ岳近隣の有名桜「神田の大イト桜」

2015年2月6日

小淵沢 神田の大イト桜

八ヶ岳の南麓、小淵沢には、有名な 「神田の大イト桜」があります。
標高820m 樹齢400年の巨木です。
神田の大糸桜

*現在、樹勢回復事業の一環として、桜の周りに防風ネットが設置してあります。

神田の大イト桜の子供たちが、八ヶ岳「花パークフィオーレ小淵沢」に植えられており、桜並木となっており、こちらもオススメです。

神田の大糸桜 花パークフィオーレ小淵沢

例年4月20日ごろが見頃となっています。

樹齢400年のエドヒガンザクラの変種で、戦国から江戸時代に世が移る頃芽生えたと考えられています。

県内でもまれな枝垂れ桜(シダレザクラ)の巨木で樹形も良く、県の天然記念物に指定されています。

4月中旬から下旬が見頃で毎年見物客で大いに賑わいます。田んぼの真ん中に位置することから、見晴らしが良く、甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳をはじめ残雪を戴いた周辺の山岳景観との対照は感動的です。

地元では「花が一斉に開くときは豊年」と言い伝えられています。

神田の大イト桜の詳しい情報は、小淵沢観光協会のホームページへどうぞ。
お越しいただく際には、小淵沢観光協会のページのアクセス情報を御覧ください。

Posted by 32@wan