ナラ枯れ カシノナガキクイムシ駆除を自分でやる。まずは予習

2015年4月2日

明日の朝、いよいよナラの木に「ウッドキングSP」を使います。
少しでも効果的にしたいので、ちょっと予習。

正直言うと、だいぶ枯れてきて今更で本当に間に合うのか不安に感じていた。
ネットで調べると、自宅の庭で防除作業をした記事をみつけることができなかった。
ほとんどが、県の林業関係のページ。
すごく説明が丁寧で勉強になりました。
ただ、一番知りたい我が家の木にウッドキングを使うのは本当に効果があるかどうか。
枯死している木は、伐倒して燻蒸。
被害にあっていない木は、ウッドキングで防ぐというのが基本みたい。
では・・・我が家の枯死していないけど被害を受けてる木は???

すると待っていた答えが!!

感染木対策:樹幹注入処理

カシノナガキクイムシの侵入を受けていますが、枯死していない被害木に対しては、樹木内のカシノナガキクイムシが持ち込むナラ菌の増殖を阻害し、枯死を予防するため、樹幹注入処理を実施しました。

参考サイト

「コレコレコレ!!!」
ということで、ちょっと勇気づけられた。

商品が届いたのだけれど、素人が扱うことがほとんどないのか、イラスト付きの詳しい説明書などは入っていませんでした。
箱の裏面に文字による説明があり、それをしっかり読めば作業はできそうです。

念のため、ネットの情報を確認して頭に入れておきたいと思います。

 

  • 高い予防効果!

    本剤をカシノナガキクイムシ穿入前に樹幹注入することにより、本虫穿入時に樹幹内に持ち込まれたナラ菌及び本虫の餌となるアンブロシア菌の増殖を長期※ にわたって阻害し、枯損を阻止します。 (※2009年1月現在で2年間の残効を確認済)

  • 優れた注入性!

    処理時の注入性に優れるため、注入不良に伴う効果不足、作業遅延などの問題を最小限に抑えます。

  • 高い安全性!

    人畜毒性、魚毒性共に安全性の高い薬剤です。

 

  1. 胸高直径を測定し、適正使用量を決定する。
  2. 主幹の地際から高さ20cm程度の部位にドリルで穴を深さ4cm程度あける
  3. (ドリル刃は木工用の直径8mmを用います。)
  4. 輸送用キャップをはずし、ノズルキャップを取り付ける。
  5. 注入孔にノズルキャップ部分をしっかりと差し込む。
  6. 容器の底に目打ち孔をあける。 薬剤注入完了後、木栓や癒合剤等で注入孔をふさぐ。

カシノナガキクイムシ(「カシナガ」)退治

  • 本剤を使用するのは、なるべく蒸散のさかんな午前中が好ましいです。
  • 天候は、晴れ?薄曇りが好ましいです。 晴れて乾燥している場合、樹が蒸散抑制するので薬液の吸い上げが悪い場合があります。
  • ドリルで注入孔をあける時は、無理に力を入れないようにしましょう。
  • 樹に亀裂が入っている場合は、腐っている部分があるか、どこが腐っているかを把握し、腐っている場所の下方への注入はさけましょう。
  • カシノナガキクイムシの被害を既に受けている樹は、注入速度が遅くなる傾向にあります。  参考サイト

よし!明日やってみます。少しでも、せめて根だけでも生きておくれよ。

[rakuten]campaign365:10048607[/rakuten]

Posted by 32@wan